Pocket

column p.s magazineがお送りする様々な企画

俺の一枚

「俺の一枚」
それは誰しもが持っているはずのたった一枚。
オンリーワンでナンバーワン。
そんな俺の、俺だけの一枚をバンドマンや、
アーティストに紹介してもらうリレーコラムです。

 

第5回太田美音(microcosm)の一枚

yamadakouta

太田美音(microcosm / cinescope vo.guitar)

microcosmとcinescopeでギターボーカルを担当。(仮)です。

⇒ microcosm オフィシャルサイト

title

THE POWER OF FAILING

artist

MINERAL

MINERALの1stアルバム。

はじめまして!flight eggダーヤマ氏よりバトンを授かりました、
マイクロコズムとcinescopeというバンドでボーカルギターの太田美音と申します。

コラムというものを初めて書くので、至らない点しか無いとは思いますが、 何卒、よろしくお願い致します。。。

俺さて、俺の1枚!ということで…
まずコラムを初めて書くにしてはテーマがでかすぎる!!!めちゃくちゃ悩みましたよ。1枚に絞れるか!!!っていう話なんですけどね、絞りましたよ。めちゃくちゃ絞りました。
めちゃくちゃ絞りました結果、私が”emo”を聴くきっかけになった1枚を、言わずもがな間違いなしの名盤ですが、早い者勝ちってことで紹介させて頂いちゃいます。

MINERAL / THE POWER OF FAILING

90′s emoといえばmineralでしょう!んで、迷ったけどやっぱり1st。

初めて聴いたのは19歳。某赤黒ロゴのレコード店で働いていた頃に仲良くしていたパンク担当のオススメでした。それまで邦楽中心に洋楽はUKロックばかり聴いていて、「エモってあれっしょ、アツい感じっしょ?」くらいの知識しかなかった私。。。
mineralを聴いた時の率直な感想は、「すっげー泣いてるwwwww」でしたね。「歌もギターもベースもドラムもグルーブもブレイクさえも泣いているー!」と。そうか、これが芋、いや、これがemoか!と。涙もろい私はすぐ泣くので、mineralに何度泣かされたことか。。それからバイトの帰り道、毎日mineralを聴いて帰るエモ。今でもあの道を通ると脳内再生されるエモ。あの頃の悩みとか思いが蘇ってきて心臓が苦しくなるエモ。改めて考えるとmineral本当激エメェなと。

このアルバム、もちろん通して名曲揃いなんですが、なんと言っても私は”February”ですな。何度聴いてもこのサビの盛り上がりで居ても立ってもいられなくなりますな。エンドロールの長さもまた泣かせますな。そしてこれ1番のエモポイント!このアルバム、ところどころすごいギターのピッチ悪いの!気持ち悪いの!でもそのままなところがめっちゃエモさ倍増ポイントね。しかし色んな意味で精神的に不安定になります。要注意!涙腺崩壊!ハンカチ必須!

という感じでエモエモ言いながらお送りしましたが、
実はエモエモ言うのはあまり好きくないので、ここだけのエモエモ解放です。あと「ウケるwww」←このwもあんま好きくないので、今回だけのエモエモwww解放です。なんだそれ。

お粗末様でした!

 

次回鈴木歩積(told)の一枚

次回の俺の一枚は私の大好きなtoldの鈴木歩積氏にバトンタッチ!
楽しみ楽しみ〜!

次回の一枚もお楽しみに。

Pocket