Pocket

 

Erase The Period

「やらなきゃ」っていうよりは「やるんだろうな」って感じですね。

それでは今後の活動についてお聞きしたいのですが、音源リリースやライブの予定などはありますか?


小出

ライブが8月にけっこうあって、まぁその後は、やれるときにライブをやっていきます。せっかくツアーで人のつながりも増えたりしたし、バンド企画でも個人企画でもいいんで、そういうのをきっかけに何かしたいなって俺は考えてます。


中村

でもツアーはしばらくいいかな(笑)


一同

(笑)


小出

リリースとかに関しては今は予定はないです。でも幸運にも色んなつながりとかが増えたので、声がかかれば音源をそういうところからリリースしてみたいっていうのはあります。


金子

まぁリリースとかレーベルとかって言っても、変わるのは誰かが手伝ってくれるようになるってところだけかなと思ってます。俺達のスタンスとかは全然変わんないと思う。


中村

色んな先輩たちの姿を見てきて、憧れはありますけど、純粋に後を追っていくだけなのは違うと思ってはいます。後を追いつつ、別のベクトルで新しいものを作っていけたらっていうのは常に思ってます。


単なるフォロワーでは終わりたくない、っていう姿勢は大事ですよね。きっとみなさんならできると思います。それでは、今日はありがとうございました。


一同

ありがとうございました。


〜収録後〜


思っていた以上にみんな自然体でバンドをやっているのがわかって、すごく理想的なカタチで正直うらやましいなと思いました。


小出

バンドやるのに窮屈になるのが昔から嫌だったんすよね俺。


中村

まぁそうだよね。バンド以外やる事ねーんだよ、別に。笑 他に趣味がない。


小出

とりあえずずっと「バンドやりたい」っていうだけでここまできているんで、これからもたぶんそうなんだろうなっていう。「やらなきゃ」っていうよりは「やるんだろうな」って感じですね。うちのバンドは、メンバーが死ぬとかじゃない限り、解散とかはしないんじゃないかなって思います。組んだ当初から思ってますけど。


photo_erase_04

”自然体でバンドをやる”というのは、簡単なようですが、実はとても難しいと思います。筆者である僕自身、バンドマンの端くれとして何度も感じてきたことでもあります。でもErase The Periodのみんなは、当たり前のように自然体で、難しく考えていた自分が小さく思えるようでした。

P.S.magazineでは、そんな彼らを今後も追っていきたいと思います。その先でもきっと、バンドとしての大切な答えを彼らはいつでも簡単に見つけ出して、僕達に見せてくれるんじゃないかと、そう感じています。

 

information

Fredelica浅野 Presents 「うるさくて忘れられない音 vol.1」

2013年 8月24日(土) 西荻窪FLAT 18:30〜 

barican / Erase the period / Fredelica / lang / Look At Moment(香川)/ PRIZE OF RUST(茨城)/ OFFICE VOIDS /

Erase The Period

「3 SONGS e.p」

「神奈川発、柏経由、札幌行き」を掲げるエモーティブロックバンド「Erase The Period」の3曲入りデモ音源。

Mineralなどの、いわゆる90′s emoからの影響を感じさせるサウンドを現代流に解釈し、新世代の音楽として奏でている。イントロからシンガロング必至の爆発的名曲「Rebirth」、ダークなコード感で疾走する「Disconnected」、bluebeardなどを彷彿とさせる壮大さがある「Worthless」と、珠玉の3曲が揃った渾身の一作だ。

⇒このCDを購入する(送料無料)

recommend

俺の一枚

第一回 小出 駿(Erase The Period)

”俺だけの一枚”をバンドマンや、アーティストに紹介してもらうリレーコラム。今回は、インタビューにも登場してもらった、Erase The Periodの小出さんに熱く語ってもらいます。

Pocket