Pocket

 

hue

バンドは商品じゃない。

メンバー皆さんの環境が変化してきて、改めて今後の目標はありますか? 例えば、大きい音楽レコード会社からデビューしたいとか、CDをたくさん売りたいとか。


永井

そんな「超でかくなりたい」っていう気持ちよりかは、「やっていけばなるでしょ」みたいな感じのスタンスですね。


なるほど。どちらかと言うとマイペースということでしょうか。


永井

そうですね。下手に焦ってペース乱れてくるよりかは、そっちのほうが良いと思ってます。


石田

まぁマイペースにやっていけば、いずれ「でかくなるでしょ」っていう自信はあります。


そうなんですね。でも学生の頃って時間もあるし好きなようにできて、「あぁ楽しいなぁ」でいいかもしれないんですが、そうじゃなくなってきたタイミングの今、改めてhueの皆さんはどういったスタンスでバンドを続けていこうと思っているんですか。


永井

それは… 最新の問題ですね(笑)


石田

結局“やらなきゃいけない”みたいな感じになるのは嫌なんですよね。じゃあもうそんなんだったらやめちゃえばいいじゃん、て思うんです。


どこまでも自分たちのやりたいことを追求していきたい、と。


石田

そうですね。


例えば、どこかのレコード会社に入って、アルバムをたくさん作って、スケジュールを組んで曲を作って… というのは求めていない?


永井

そもそも、そういう状況を乗り越えないとデカくなれないぞ、みたいな体育会系のノリがよくわかんないですよね。


石田

それってやっぱ仕事じゃないですか。そこは、自分たちの成長のためなのか、バンドっていう商品が売れるためのなのか、の違いだと思うんですけど、“バンドは商品じゃない”っていうか。


永井

おぉ、珍しく言うねぇ。今のキャッチフレーズにしてください(笑)


吉住

今日一番の仕事したね(笑)


一同

(笑)


藤田

でも、そういうのより自分たちに近い、好きなバンドの人達はけっこう自分たちの思うように風にやっていて。すごくリスペクトしているんですよね。自分たちの中でも“バンドをやんなきゃいけない”みたいなのはないかな。


マイペースにDIYでやっていきたいってことなんですね。


石田

でもDIYでやっていきたいって言っても、結局絡んでいただいている人もいっぱいいるんで。特に、りょ沈さん(hueの所属するレーベル「イマハミライ」のオーナー)とか、他にもたくさんいて。じゃあその人達にはどうするんだってなると、それに関してはやっぱり、自分たちが活動していくことでしか返せないと思うんです。…難しいっす(笑)


そこに関しては絶賛悩み中ということで。


石田

はい、そうですね。


Erase The Period
 

information

official web site

http://hue-band.tumblr.com

hue&athelas “VERDURE” release party Asahikawa! “WISH YOU WERE HERE”

2013年 9月14日(土) @旭川mosquito

hue / athelas / kiji / TG.Atlas / nobody celebrates my birthday / D4C

shop: nano distro

Ocean Depths Distro presents “The Deep vol.2 “hue&athelas “VERDURE” Release Tour

2013年 9月15日(日) @札幌SPIRITUAL LOUNGE

hue / athelas / stay in my room / sono me / cuthbarts

distwilights presents “Lights” hue&athelas “VERDURE” Release Tour

2013年 9月22日(日) @酒田hope

hue / athelas / distwilights / yowl / alcopejio

food: HELLS KITCHEN

上がる妻と笛の音を楽しむvol.00

2013年 9月28日(土) @吉祥寺WARP

upwife / hue / cisum / Rebel one excalibur / malegoat / the north end / asthenia / 五日市ぜんそく / SLAVEDRIVER(from 名古屋)

hue / athelas split CD

「VERDURE」

東京のエモ・ハードコアシーンにおいて、着実に知名度を上げてきているhueとathelasのスプリット音源。両バンド3曲ずつ、計6曲を収録。

海外ではキンセラ、日本で言えば3cm tourなどからの影響を色濃く感じさせる新世代バンドhue。彼らのライブではもはや定番とも言える「越えて」などのキラーチューンが揃っている。対するathelasは、ASPARAGUSにも通ずる伸びやかなボーカルと、爽快感のある楽曲で、作品全体に広がりを持たせている。今後も要注目のこの2バンド、今からチェックしておくべき!

⇒このCDを購入する(送料無料)

recommend

俺の一枚

第一回 小出 駿(Erase The Period)

”俺だけの一枚”をバンドマンや、アーティストに紹介してもらうリレーコラム。今回は、前回インタビューにも登場してもらった、Erase The Periodの小出さんに熱く語ってもらいます。

Pocket