Pocket

 

The Cheserasera

「運命とかの話じゃないけど、そろうべくしてそろってる」

新譜のミニアルバムについても詳しくお話を聞きたいです。


西田

2013年に出したシングルの『Drape』があって、そこから今回のアルバムにつなげてっていう感じなので、まだ途中というか。アルバムが出てから色々また考えていけるかなっていう。


美代

今の時代、流通のCDって出そうと思えば、やり方次第でけっこう簡単に出せるっちゃ出せるんですよね。でも自分たちはあえて出さずにいて。それはけっこうこだわっていたから。流通にのせるって、「色んな人を巻き込んでやります」ってことだから。バンドにその準備ができてるかってことで。結果、今まで出してこなくて良かったと思ってるんです。


宍戸

全国流通ってことがよくわかってなかったんですよね。東京だけでライブやってて全国流通のCDを出すって言っても、今思えば意味がわからないことを言っていたのかなっていう。他の土地の人たちは、僕らのことを最初は全然知らないんですよね。だからそれだとどんなに良いバンドでも、手に取る機会にもならないし。全国って大きいんだなって思いました。


美代

バンドを広めるってなると、やるべきことはいっぱいあるんですよ。ただ単純にバンドをやっているだけではわからなかったことも、今はわかってきたりしてるので。だから曲作ってライブして、っていうところだで完結しちゃったり、満足しちゃうんじゃダメだなとか。


バンドをやっていると、「バンドをどう運営するか」みたいなところばかり考えてしまうときもありますよね。CDを一枚発売するだけでも大変ですし。


美代

そうそう、まぁでもそれって元々バンド自体のやることじゃないっていうか。音楽を作ることに没頭したいというのもあるんですよね。必要性はあるから考えるんですけど。でもそういうところを考えてくれるスタッフさんとかも今は一緒にいて。みんなは僕らの音楽を好きになってくれて関わってきてくれてる人達だから、それのお礼をしたいって気持ちもあるんです。それはやっぱり「良い曲」っていうところでしか返せなかったりするから。だから今の環境、方法を選んでるんです。


なるほど。すごくスッと納得できますね。では、今後はどんなバンドになりたいというか、展望みたいなものがあればお聞きしたいです。


西田

せっかく自分がバンドをやってるから、それでどこまで勝負できるかなっていうところですね。それこそお茶の間に届くとか。


美代

お茶の間とか大衆にいく音楽って、純粋に良い音楽だからだと思うんですよね。そこはイコールでつながってるんだと思うんです。


西田

あとは、お茶の間にいきたいっていうより、お茶の間にも“いける”っていうスタンスでできたらなって思います。ライブハウスでやってもいいし、もっと違う場所でもやってもいいし、っていう。


宍戸

僕は大きく言えば、The Cheseraseraの歌・曲をひとつの流行として成立させたいっていうのもありますね。ロックとJ-POPの垣根を超えたいと思っています。そういう音楽を作っていきたいです。


ありがとうございます。色々活動していく中で、3人でこれだけ続けられているってすごく素敵なことだと感じました。やっぱり頑張っていても途中で音楽を辞めてしまう人たちを僕自身見てきたりもしているので…。


美代

例えばバンドの明確な目標が「CDを1000万枚売る」っていう風にあったりすると、それが断たれた、無理だってなったら、やれなくなっちゃうんだと思う。純粋なところでは、自分自身ドラムを始めてやってきて、楽しいからやってるっていうのが大きいから。


宍戸

音楽が一番得意なことだってわかってるし、来るとこまで来てると思ってるので。辞めてもしょうがないっていうか、辞めてる場合じゃないっていう。


西田

「これしかないな」っていうとこですね。


美代

そもそもバンドのメンバーを集めるのってすごく大変じゃないですか。それでもこうやって集まってるのは相当な価値があると思ってるから。もう集まるって段階で、すでに第二段階ぐらいまでクリアしてるっていうか。だからそれは、運命がどうとかそういう話じゃないけど、そろうべくしてそろってるから、それを崩す意味って本当にないと思う。価値があるってみんなもっと思ったほうがいいと思うんですよ。バンド組むって時点で、普通じゃできないことをできてると思うんです。


The Cheserasera

The Cheseraseraは結成当初からその活動を見てきていたのですが、この1年間で大きく成長しているのを実感しました。ドラムの美代さんが取材中にずっと「過渡期だ」と言葉にしていたのですが、その通りというか、変化の真っ最中であることもとても強く感じることができました。

でも根っこの大切な部分は変わらないので、頼もしいというか、これから色んなことがあっても乗り越えていける強さを持ったバンドなんだと思っています。

 

information

The Cheserasera

「The Cheserasera」

1. 風に吹かれて
2. LOVERS
3. Drape
4. Finale
5. ALL DAYS THROUGH OUT
6. カナリア
7. 涙あふれてた

 

recommend

街が出す音、横浜からの回答

cinq インタビュー

横浜や東京都内を中心に活動するインストバンド“cinq”。バンドについて、またバンドが活動の拠点としている“横浜”という街について、深く語ってもらいました。

Pocket