Pocket

 

よしだそういちろうぐるーぷ

「なんで音源がこんなあっさりしてるんだろうって」

グループとしてはどういう風に続けていきたいですか?


よしだ

ずっと自分の作品作りのレベルを上げていきたい。それこそオーケストラ入れたいっていったら生で録れたらいいなとか。自分の想像を形にできたらいいなと。音楽マニア的な人達に「あれいいよね」って言ってもらえる存在になれればいいなと思ってやってます。どこかでハマる人がいれば、っていう感じですね。


なるほど。


よしだ

…やっぱり僕、バンドマンに向いてないんですよ(笑) それが分かって、これ(よしだそういちろうぐるーぷ)を始めたっていうのはあるんですよね。普通のロックバンドとかって集合体だからみんなで士気を高めていかないと絶対どっかでボーンとなるじゃないですか。「あいつだけ士気が低いぞ」みたいになったり。そういうのを気にしだすと僕も「なんだあいつ」みたいになってしまうし。だからそういうのがもう煩わしいなって(笑) それが素敵なんですけどねきっと。でもたくさんライブしてお客さんつけてとかはわかるんですけど、だんだん何のために音楽をやってるのかわからなくなってきて。


もっと自由にやりたい想いが強まってきたという?


よしだ

バンドって忙しいじゃないですか。仕事の合間を縫ってスタジオ入って練習して、ライブして、また仕事に戻って、また次のライブは~~とか。その忙しいなかの短いスパンでレコーディングして。でもそれを僕はバンドで一回やってみて納得できる音楽が作れなかったんです。波に追われるのが向いてない、楽しめない性格になってしまったかなとか。まぁ充実してるとかは思うし、ステータスとして楽しそうだなとか思うんですけどね。


締め切りがあると良い面もあれば悪い面も出てきますよね。


よしだ

だから、友人のバンドや音楽をやっている人を見ていても、みんな良いライブをしてるのに、なんで音源がこんなあっさりしてるんだろうって思うことがけっこうあって。もっとみんな時間をかけてやったら絶対良いものができると思うんですよ。音楽を作るっていう、そういう根本が薄れてしまう、というのは避けたいと思って。そこがあってライブをしていい曲でしたよってなると思うんです。



ホームページのプロフィールに、「ひとりのようでソロじゃない、バンドのようでバンドじゃない。」とあるように不思議な感覚を持った “よしだそういちろうぐるーぷ” の活動はとてもユニーク。耳馴染みの良い楽曲の裏には、音楽へ対する強いこだわりとバンドマンとして活動してきたからこその新しい視点があるように感じました。ぜひ彼の思う音楽を一度聴いてみてほしいと思います。
新作音源「愚か者を愛せ」は、公式ホームページにて無料ダウンロード可能です!

 

information

よしだそういちろうぐるーぷ

「愚か者を愛せ」

1. 愚か者を愛せ
2. ことばのよあけ
公式ホームページにて無料ダウンロード可能です!

【Live情報】

2015年 2月28日(土) @吉祥寺WARP

連絡先:ysg1126info@gmail.com(お名前・チケットの枚数をお知らせください)

recommend

貪欲に高みを目指す強さ

The Cheserasera

東京から日本全国へ。スリーピースロックバンド“The Cheserasera” が、本誌初登場。躍進する彼らの魅力とは? 他では聞けない本音のインタビューです。

Pocket