Pocket

column p.s magazineがお送りする様々な企画

覚悟のススメ

第3話『Enemies来日記念!』

 ずっとP.S.magazineのPSって『パーフェクトソルジャー』の頭文字だと思ってました。本当は手紙とかの追伸って意味みたいですね!実は、第1話第2話は、このサイトがリリースされる前に書いてるのでどんな感じかわからなくって気負ってたんですね。蓋開けてみたら俺の連載の他に交代ですばらしいバンドの皆さんがコラム書く『俺の1枚』ってのがあって、それが実に面白い!これからは、もっと頭も心も緩い感じで書いていいなと。そういうことです。スカイです。

 今回は、来日迫るEnemies!『We’ve been talking』!そうです!今年ニューアルバム『Embark,Embrace 』をリリースし、9月半ばにそのアルバムを引っさげ待望の来日公演!僕は横浜在住ですが京都の公演に行きます!最高!ってことで、そのニューアルバムのコラムは来日後にライブの感想交えて書こうと思うので、それについては「もううだうだ言ってないで聴いてライブ観て!」ってだけ言っておきます。だから今回は前作の『We’ve been talking』をば。Enemiesはアイルランドのインストロックバンドです。4人組。インストといえば歌がないあれです。



Enemiesこそインストロック界のPS(パーフェクトソルジャー)ですよ。繊細で美しいアンサンブル。かと思えば激展開バーストエモパート。血肉に飢えた獣の叫びのような野性味。かと思えば緻密に計算されたインテリジェンス全開のテクニカルマスロックパート!もうなんでもあり!

 こうやって2項対立的に書いてしまうと「静と動」って感じに思われるかもですが、Enemiesは俺の中では基本的に「動オンリー」という印象で、よくありがちな表現の「静と動」ってのはあんまりふさわしくないような気がします。もちろん引くべきときには敢えて曲の熱量落として相対的に「静」のようなパートはあるんだけど。それでもやっぱりうねっている。言うなれば「有機と無機」!うん。うまく言った様なよくわからないような。そこがかっこいい。悪徳と野心、頽廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてブチまけたって感じかな。うん。ですのでまたちょっとそこらへんの一味違う感じがパーフェクトソルジャーたる所以かなと。そしてこれがまた『Embark,Embrace 』になってくるとまた今度は一味違った『趣』ってやつがあるんですねー。まぁ詳しくはいずれ。

 ってことで、おそらくこれを読んでる人たちはEnemiesの名前とか知ってて、もちろんチェック済みだぜ!…って人は多いかもしれません。で、俺がインストバンドやってるからとかではないんだけど、もしも、もしもですよ、インストバンドにあんまり馴染みがないと、そう思っている人が仮に一人でもいるなら、騙されたと思って是非音源を一聴して来日公演行って欲しいです。迎え撃つ各地の日本バンドも最高のバンド揃いですし、なんというか、Enemiesは俺が大好きなバンドなのでみんなにも好きになってもらえたら嬉しいのです。せっかくの来日という好機会!別に俺がなんかやってるわけじゃないのに散々こんなん言うのも変かもしれないけど、是非盛り上がっていきたいんですよ。なんか、そういう盛り上がってる仲間に俺も入りたいし、仲間を誘いたい。ぜひ!

ジャケットに写っている男性は、スカイさんではありません。

 そしてパーフェクトソルジャーやコンクリートミキサーのくだりはネタ知ってる人だけ楽しんで。次回「出会い」。スカイが飲むウドのコーヒーは苦い。