Pocket

column p.s magazineがお送りする様々な企画

覚悟のススメ

第6話『I need to be poper for a change』

 「これならどうする、0.5秒間に120発の速射連発銃!」 「別に仔細なし、胸すわって進むなり!」

 どうもスカイです。もう気づけば6回目の原稿です。最近、たまーにですが遊びに行ったライブハウスで「コラム読んでます」と言ってもらえることなんかもあって嬉しい限り。PSマガジン、届いてるんじゃないですか? 毎回偉そうにあーだこーだ言ってますがそんな俺の言葉なんかに深い意味を考えなくてもいいですが、ここで紹介する音楽は正真正銘、最高だと自負してます。これからもよろしくお願い致します。

 さて、今回はライブレビューをば。owen、into it over it、THEIR/THEY’RE/THERE の来日公演。俺は下北沢ERAに行ってきました。なんというかこの原稿はそのライブから1ヶ月以上経って書いてて、それでもあの日の臨場感は今も色褪せないわけです。と言うのもライブの後、すぐにこれはコラムでぜひ書きたいなと思って、PCの前に座るもどうもキーボードが進まない。俺がそのライブについて語ること自体が野暮だと思ってしまって、どうしても言葉にならなかった。今ビール引っ掛けながら、ふと不器用でも何かが伝わればと思って筆を取った次第。よくわからないタイミングだけど酔った勢いも大事。

 3バンド書いてるとまた尺がやばいので、今回は特にinto it over it(以下略 “IIOI”)を。というのも俺が今どうしても何か一枚アルバムを選べと言われたらIIOIの『Proper』を選ぶ。それくらい好きな一枚。ちなみにこのIIOIことEvanはいろんなバンドやってて、まぁ、ここではいちいち紹介することすらあれなのであれしますので各自ディグってくださいね。そのEvanですが、いろいろ人から話を聴いたりするととんでもない音楽フリークらしいのですが、そういうのがライブ観てすごい伝わってくるというか。ちなみに音源ではバンドの音が中心なんだけど、今回の来日は弾き語りセットで、それもなんか彼のこう人柄みたいのが滲み出る最高に暑苦しくてかっこいい演奏だった。



 もともと大好きだったけど、今回のライブで彼と彼の音楽がより好きになりました。こう掻き立てられるというか。「うおー!」ってなるんですよね。もう彼の音がどうこうとかそういうことじゃなくて、本当にもう素晴らしすぎたライブでした。それに尽きると。そんで一曲目で『Proper』って曲をやったんだけど、もうその曲最高に好きだから「どっひゃー」って…

 ふう、すいません。今回はとにもかくにも、まとまりも何もない本当にこれコラムって言えんのかよって、たぶんこれが掲載された時に自分で読んで「ぶほっ」てなっちゃいそうな感じだけど、でもいいよ。そんなIIOIは11月に新譜がリリースされましてなんか思い入れがありすぎて『Proper』ばっか言っちゃったけどその新譜も最高だから、ぜひまだ聴いてない人いたら絶対聴いたほうがいいですよ。

 ということで、ここから数回はIIOIことEvanの他のバンド紹介していくシリーズです。次回もお楽しみに!!

skycolumn_006_01



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆうたスカイウォーカーはバンドをやってます。
cinq(サンク)というインストバンドです。
試聴はコチラ
↓↓

デモ音源通販あります。
1枚だけの注文でも送料無料です!
↓↓