Pocket

column p.s magazineがお送りする様々な企画

覚悟のススメ

第11話OVEREAT

 待たせたな!お久しぶりです。スカイです。今回は満を持して書くって感じです。去年末に前のコラムの原稿書きながら、次に何を書こうかと考えたときに「これ絶対書こう!」と思いついていて、今まで温めてました。ほんとはもう一個書こうとしてたんだけどパソコンがぶっ壊れたりしてあかんかったので、先にタイムリーな話題ってことで……。

今回ご紹介するのは、我らが横浜の最重要バンドMORETHANのミニアルバム『44』! しかも我らがキモさんのthing!thing!thing!recordからのリリース!イェー! このPSマガジンでも、彼らのインタビューが載っているから、このコラムを読んでてまだインタビューを見てない人がいれば先にそちらを読むべし!

そう、俺の心はそれくらいの時からこれしかないと決まっていた。元々bassの諏佐ちゃんとは前の職場が一緒で友達だったし、このリリースの前から自分の企画したイベントに出てもらったり、MORETHAN大好きだったのでもうずっと楽しみだったし、絶対最高の音源を作ってくれるだろうという確信があった。そしてその日はきた。3/11。僕は宮城の石巻出身なのであの時以来毎年、どうしてもこの日は気分が乗らなかったけれど、今年は別だった。仕事終わりに横浜のタワレコに急いで、家に帰ってプレーヤーのボタンを押した。予想通り最高の音源を仕上げてくれた彼らの音は僕の憂鬱を吹っ飛ばしてくれた。かっこよすぎる。



そしてこの原稿を書いている4月4日、まさにフォーティーフォー! 西荻窪のFLATにてこのミニアルバムのレコ発ライブに行って参りました。出てるバンドみんなかっこよくて、この日の主役のMORETHANまでの雰囲気は最高潮だった。そして待ち望んだ彼らのライブ。なんというか圧巻だった。インタビューでjamming O.P.の太田垣さんも言ってたけど、もともと細かい演奏をものにしてるというのは本当にその通りで、レコーディングやツアーを重ねてそれにさらに磨きが掛かって、前から馴染みのある楽曲達に経験と自信が擦り込まれて来てるようで、リリース前最後に観た彼らのとは全く別人のようにかっこいいライブだった。

観てたお客さんの彼らへの愛が熱を帯びてライブハウスに充満してて、それらを受け止めて力強く答えてくれてるような彼らのライブ。最高だった。ありがとう。あの場所に入れたことを幸せに思いますよ、本当に。俺は「友達なのは抜きにして」なんて言いたくない。友達がこんな素晴らしいバンドをやってることを自慢したい。いいだろ、俺、MORETHANと友達だぜ、へへーん!みたいな感じで、しれっとね。そして友達だからもっとみんなに『44』を聴いてもらいたいわけです。このコラムを読んでまだCD買ってないとか、ライブ観たことないとか、そんな人が一人でも興味をもってくれたらうれしい。結局ここまで音のことは何も書いてないけど、もう一聴あるのみです。

最高のパーティー野郎たちに捧ぐ、ささやかではありますが僕からの最大限の応援の形がこのコラムです! がんばれMORETHAN! これからも僕に握ったこぶしを突き上げさせてくれ!

skycolumn_010_01

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆうたスカイウォーカーはバンドをやってます。
cinq(サンク)というインストバンドです。
試聴はコチラ
↓↓

デモ音源通販あります。
1枚だけの注文でも送料無料です!
↓↓